1. ホーム
  2. よくあるご質問(お詫びとお願い)
  3. 使用限度を超えたタイヤの作業について

使用限度を超えたタイヤの作業について

スタッドレスタイヤの脱着作業等で、使用限度、つまりスリップサイン、プラットフォームが露出しているタイヤを見かける事が有ります。

スリップサインは、タイヤが法的な使用限度に達した事を示しています。使用限度に達したタイヤは、法的に使用が認められておりません。また、そのタイヤの整備も同様です。内減り等での組み替え作業、パンク修理等も含めて、使用限度に達したタイヤの作業はお断りさせていただいております。

スタッドレスタイヤの場合、プラットフォームが露出してもスタッドレスタイヤとしては法的に認められませんが、一般のタイヤとしては使用できる為、その旨お客様にお伝えして作業をさせて頂きますが、スタッドレスタイヤ、つまり滑り止め装置としては認められませんので、チェーン規制等ではチェーン等の滑り止め措置を要求される事になります。

同様に、パンク修理においても修理不可の部位(サイドウォール、ショルダー部)の修理は受け付けておりません。

使用限度を越えたタイヤ=使用に際して危険である事をご理解の上ご了承ください。

使用限度についての詳しい解説はこちらを確認してください

使用限度を超えたタイヤ、構造的に強度が確保できないタイヤの作業はお断りしております。ご理解の上、ご了承ください。

今後とも、確実な作業を心がけていきたいと思っております。
なにとぞご理解の上、ご協力お願いいたします。