1. ホーム
  2. よくあるご質問(お詫びとお願い)
  3. ホイール取り付けナット(ボルト)について

ホイール取り付けナット(ボルト)について

ディーラーなど整備工場でタイヤ、ホイールを脱着される際に作業者に是非、伝えて頂きたい事があります。 それは、ホイールのナットをインパクトレンチで締め付ける事を止めて頂きたいという事です。

多数の脱着作業の中でホイールナットが緩みにくい等、締め付け時のオーバートルクが原因と見られるケースが少なくありません。中には締め付け過ぎでボルトが伸び、折る以外に外す手立てが無い事も少なくありません。実際にボルトが折れる際に作業しているのは当社ではありますが、原因は締め付け時のオーバートルクになりますのでお客様に説明はさせて頂きますが、作業を受けた工場も含めてなかなかご理解頂けないようです。

また、締め付けた状態で長く放置しますと、錆等でナットとボルトが外しにくくなってしまう事があります。ボルト、ナットのの状態等にもよりますが、定期でのローテーション等で適度に外して締め直すのは有効なメンテナンスと言えそうです。もちろん、締め付けは適正トルクというのは大前提ではあります。ボルト、ナット共に永久に使用できる物ではありませんので、ネジ部の状態などから適時の交換は必要となります。

アルミホイールを使用されている場合は確実にインパクトレンチで締め付けないように作業者に依頼して頂く事をおすすめしたいと思います。当然ながら、トルクレンチで適正トルクにて締め付けされるようご依頼ください。

今後とも、確実な作業を心がけていきたいと思っております。
なにとぞご理解の上、ご協力お願いいたします。