1. ホーム
  2. 商品情報
  3. タイヤとは?
  4. タイヤの基本

タイヤとは?

タイヤの基本

タイヤは沢山有る中で何を選べばよいのでしょうか?もちろん、車に合うものを選ばなくてはいけません。では、車に合うかどうかは何で判断したら良いのでしょう?

タイヤには、サイズが有ります。そのサイズは、タイヤに必ず記載されています。

左の画像は下側がホイールになります。左の画像のように小さく記入している物は少し見難いですが、もっと大きく記入されている物もあります。

左の画像はドアを開けた横の部分ですが、この辺りにタイヤサイズと空気圧を記載したステッカーが貼られている車が多いです。輸入車などは、FUELリッドの裏側に張られていたりしますので、サイズの確認と、指定空気圧の確認ができます。

もちろんですが、車の取扱説明書にも適応するタイヤサイズと指定空気圧が記載されています。

これらを確認する事で、指定のタイヤサイズ、指定空気圧がわかるようになっています。

乗用車用タイヤのサイズは下記のようになっています。一般的に「イチキュウゴ、ロクゴー、ジュウゴ」と発音されます。④以外は数字をそのまま読みます。⑤、⑥は略される事が多いです。このサイズを例に、サイズの意味を説明してみます。

① タイヤ幅

タイヤの幅をミリメートルで表記しています。

実用上は関係ないかもしれませんが、サイズに表されるタイヤの幅は断面幅と言って、トレッド幅でも総幅でもありません。実際に「表記よりタイヤが細いのはどう言う事だ!」とお叱りを受けた事も有りまして、お客様のおっしゃる幅はトレッド幅だったんですね・・・

トレッド幅はタイヤの接地する部分の幅を指します。サイズ表記に示されるタイヤ幅はタイヤ断面幅で、タイヤを所定のリム(推奨リム幅)に組み込んだ状態でサイドウォールの膨らみも含めたタイヤの幅を示しています。ですので、ホイールの幅を変更した場合、表記のサイズから変わる事になります。

断面幅にはサイドウオールの模様、リムガードは含まれません。このリムガード等まで含んだ幅を総幅としています。

② 偏平率

タイヤ幅をタイヤ高さ(左図のH)で割った数値の%表記になります。
H(タイヤ高さ)÷W(タイヤ幅)=偏平率%

偏平率は数値そのままがタイヤ高さと考えられている方が多いように思います。
例えば205/55R16と205/50R16では、205/55R16の方がタイヤ外径は大きくなります。つまり、ホイールは同じ16インチですから50より55の方が大きい。これは正解ですね。でも、偏平率の50、55がそのままタイヤの高さをmmやcmで表記されているのではなく比率であると言う事は重要な事なんです。

195/55R15の変換サイズが205/50R15だったり、205/55R16が205/50R16に変換できたり・・・これらはタイヤの外径を変えないようにタイヤの幅を変えたサイズになります。

③ 構造表記


タイヤの構造を表します。上記の例ですと「R」ですからラジアル構造である事を示しています。

最近の乗用車用のタイヤはほとんどラジアルタイヤになっています。以前はバイアスタイヤが主流でしたので、高速安定性、耐久性に優れたラジアルタイヤ=高性能タイヤと言う事でラジアルタイヤを指定される方もいらっしゃいますが、最近は乗用車用バイアスタイヤを探す方が難しいぐらいです。

ラジアル構造とバイアス構造の差は、左図のカーカスの向きになります。カーカスはナイロンなどの繊維を並べた布状の物ですが、バイアスは斜めにして交互に重ねられています。ですので、カーカスの繊維は交差する事になります。ラジアルはタイヤの中心から放射状に並べられ、トレッド下部では並行になっていますので、何枚重ねても繊維は交差しません。

ラジアル構造の特徴である「ベルト」は強度を求められる為、スチールワイヤーを使います。その為、スチールラジアルとも呼ばれます。一部の超高速対応のタイヤはスチールの替わりにアラミド等を使ったりして軽量化と共に居住性を向上させようとしています。

④ タイヤ内径(リム径)

タイヤの内径をインチで表記しています。

ホイールのリムにぴったりはまり込むサイズになっていますので、ホイールのリム径と同じになります。この部分(ビード部と呼ばれます)がホイールのリムを締め付け、空気の漏れ止めをすると共に、加速、減速、コーナリングなどでタイヤがホイールから外れないように頑丈に作られています。

ホイールのリム径とタイヤ内径は同じでなければ組み込む事は出来ません。タイヤ内径より大きなホイールを持ってこられた方がいらっしゃいましたが、「ゴムだから伸びるだろう・・・」と考えての事だったそうですが、もちろん伸びません。

⑤ 荷重指数(ロードインデックス=LI)

タイヤの最大負荷能力を指数で表記しています。

荷重指数は最近(数年前から)表記されるようになりました。タイヤの荷重容量はおおむね外径で決まります。大きな荷重容量が必要なトラックなどのタイヤは大きく、軽自動車用のタイヤは小さいのはこの為です。タイヤの外径以外の要因としてタイヤの幅もあります。つまり荷重を負荷するタイヤ内部の空気容量に左右されるとも言えます。また、この空気圧によって荷重容量は変わってしまいますので、荷重指数は最大負荷能力としてタイヤの空気圧240kpaとした時の負荷荷重を指数表記としています。指数と荷重の対応表は左表になります。

タイヤのサイズを変更する際、つまりインチアップなどする際には、この荷重指数も参考にサイズ設定、空気圧設定をする事になります。荷重指数と空気圧の関係などは、タイヤサイズのページで詳しく解説します。

基本的に、タイヤサイズが決まれば荷重指数も決まってしまいますので、タイヤ選びに関連する数値ではないのですが、一部、同じサイズでも荷重指数の大きいタイヤを採用している車もありますので、その際には適応する荷重指数のタイヤを選ぶ事になります。この場合、基本的には専用タイヤになりますので、純正専用タイヤを使用する事が基本になります。

⑥ 速度レンジ

タイヤが許容できる速度を表しています。 左表は抜粋になります。

上記の例ですと、「H」ですから、210km/hまでの対応となっています。国内での法定最高速度は100km/hですから速度レンジ「J」で良いのではないか・・・速度レンジだけ見るとそうなりますよね。でも、タイヤサイズが同じなら、荷重負荷能力は同じと考える事ができます。その上で速度レンジが高いと言う事は、高速走行の負荷にも耐え得るという事で、その分タイヤの負荷能力が高いと考える事ができる訳です。

基本的にはサイズが決まれば決まってしまう事が殆どで、同じサイズで速度レンジに差がある物は少ないですが、あえて設定を高くしている場合(輸入車など)は注意が必要です。ちなみに、国産のスタッドレスタイヤは「Q」になっていますね。

もちろんですが、速度レンジが高い方が高速安定性は高くなります。純正タイヤの速度レンジ以下にする事はおすすめできません・・・

自分のタイヤサイズはそんな表記じゃなかったぞ!!

そうです、他にも色々な表記が有ります。代表的な物を解説してみます。

上の表記は、貨物車両などに採用されるタイヤに使われる表記になります。

@〜Eは同じですがFは初めての表記になります。何でしょう・・・?

⑦ タイヤ強度

タイヤの強度を表します。タイヤの骨格であるカーカスが綿コード何枚分に相当するのかを示しています。左図の白い点線部分がカーカスで、通常、乗用車用のタイヤは4PR相当になっています。 もちろんですが、数字の大きい方が強度が高くなり、負荷できる荷重が大きくなります。貨物車両など、純正指定がこの規格のタイヤの場合、同じ強度以上でないと車検に通りません。軽自動車の貨物車両などでインチアップ等を検討される場合には問題になりますね。

この表記のタイヤは貨物用として荷重容量が大きいのは当然ですが、高空気圧にも耐えられるようになっています。というより、荷重容量を大きくするには高空気圧にせざるを得ず、その高空気圧に対応するようにしてあるとも言えます。ですので、通常の乗用車用のタイヤなどで指定空気圧にする事は危険です。

タイヤ交換の際には、タイヤ強度指定の数値を低下させないように注意する必要が有ります。

今後、新しい表記方法(ISO表記)に変わっていくと思われます。タイヤ強度の部分が荷重指数に置き換えられたタイヤが登場しつつありますので、もう少し先には統一表記になっていくと思われます。

次はクロスカントリー4WD等で使われるサイズ表記です。

アメリカを中心としたサイズ設定ですので、インチ表記になっています。

@〜Eは同じですがG、Hは初めての表記になります。何でしょう・・・?

① タイヤ幅

先に説明したタイヤ幅ですが、少し違いますね・・・ タイヤの幅をインチで表記しています。

例のサイズですと9.5x25.4=241.3mmとなり、一般的な表記サイズの245に近いサイズになります。

⑧ タイヤ外径

タイヤの外径をインチで表記しています。

例のサイズですと30x25.4=762mmとなります。

上のタイヤ幅とリム径からタイヤ高さは7.5インチである事がわかりますね。

(30−15)÷2=7.5 偏平率はタイヤ高さ÷タイヤ幅ですから 7.5÷9.5=78.9%

偏平率は80%付近である事がわかります。つまり、通常の表記なら、245/80R15に近いサイズだという事になります。

Hカテゴリー表記

LT=ライトトラックの略で、小型トラック用に分類されるタイヤである事を示しています。

タイヤ強度の指定があるようなタイヤの場合、装着されるのは貨物車両になりますので、タイヤサイズの表記にされる事も無く、タイヤに別表記で記載されていたりしますが、クロスカントリー4WDの場合、別のカテゴリーであるPC(乗用車)と併用される為、区別の為クロスカントリー4WD用にはカテゴリー表記が併記されている事があります。

LTとわざわざ表記されるのは、同様のサイズでLTでは無いモデルが存在するからで、LT表記が標準の場合は、同様にLT表記のタイヤを選ぶ事になります。

その他の表記

タイヤにはサイズ表記以外にも、色々な表記が刻印されています。

メーカー名、タイヤ銘柄は当然ですが、よく見ると最大充填空気圧、最大負荷荷重なども記載されています。

と、お問い合わせもありましたので、製造年週についても解説しておきます。

セリアルナンバー(DOTコード)



DOTナンバーとも呼ばれますが、タイヤの製造工場、時期などを示す刻印がなされています。見難いですが、左上の画像の位置になります。

左下の画像を見ますと、「9MC2401」と刻印されています。これがDOTコードです。DOTコードの現在は下4桁が製造年週を表しています。下4桁の「2401」の下2桁が製造年を、上2桁が製造週を表しています。製造年の「01」は2001年を表します。製造週の「24」はそのまま24週を表します。つまり、2001年5月後半の製造のタイヤと言う事を示している訳です。

製造年の「00」は2000年を表していますが、1999年以前はどうなっているのか・・・1990年代は製造年が1桁で表記されます。例えば「249」なら1999年24週という訳です。

DOTコードはタイヤのサイドウォールの片面に刻印されています。通常、刻印されている側を表とします。ですので、回転方向指定のタイヤは、車両の片側は外から確認できますが、反対側は裏側になりますので、装着状態で車両の外側からは見えません。

構造表記

これは、国産のタイヤには表記していないケースもありますが、タイヤの内部構造を表しています。左の図は見難いと思いますが、

TREAD    1RAYON 2STEEL +2NYLON SIDEWALL 1RAYON

このように表記されています。これは、サイドウォールがレーヨンのカーカスが1枚と言う事はメインのカーカスは1枚で出来ている事になります。トレッドは2枚のスチールベルトに2枚のナイロンが補強として入っています。これが、このタイヤの基本構造である事を示しています。

UTQG (タイヤ格付け表記)

これはUTQG(Uniform Tire Quality Grading)、アメリカのタイヤ格付け規格の評価を示しています。アメリカでは表記の義務がありますので、アメリカで販売されるタイヤには付いています。国産タイヤは日本での販売については表記義務が無い為、付いていないです。

左の図は見難いですが

TREADWEAR 280 TRACTION AA TEMPERATURE A

このように表記されています。TREADWEARは指定されたタイヤを基準とした耐久性を指数で表記しています。100が基準になり、大きくなるほど耐久性が高い事を示しています。TRACTIONはトラクション、つまりグリップ性能を示しています。Aは良い、AAはそれ以上に良い事を示しています。TEMPERATUREは温度の対応性を示しています。TRACTION同様、Aは良い、AAはそれ以上に良い事を示しています。

タイヤの交換時期はどれぐらいか・・・

溝が無くなってきたら交換、これは当たり前ですね。車検などで、指摘されて交換するというのは、溝が無くなってきたから交換の多いパターンではないでしょうか?溝は残っていても年数が経てばタイヤはダメになると言う意見もよく耳にしますし、片減りはどうか、パンクは・・・その辺りを解説してみようと思います。

タイヤの摩耗限度

タイヤは摩耗すると法的に使用する事が出来ません。ですので、車検などの際に交換をすすめられる、もしくは交換しないと車検に通りませんよと言われる訳なんですね。

具体的には残り溝の深さが1.6mmまで摩耗すると使用できなくなります。これは、雨天時の性能が低下する為で、左の表を見て頂きますと(クリックすると別ウインドウで大きいグラフを見て頂けます)残り溝1.6mm辺りから急激に制動距離が伸びてきているのがわかると思います。80km/hでは、残り溝4mm程度から制動距離は伸び始めていますので、高速走行が多い方等は早めの交換が望ましいと言えるようです。

スリップサイン





タイヤの使用限度をわかり易くするためにタイヤにはスリップサインというものがついています。

自動車学校でも説明されていたと記憶していますが、左図のようにタイヤの溝の一部を盛り上げて、残り溝が1.6mmになるとブロックがつながるようになっています。スリップサインが現れたら、残り溝は1.6mm以下になりますので法的に使用が出来なくなります。

左図のタイヤはきれいに全体的にスリップサインが現れますが、片減りなどで内側はスリップサインが出ているけれど、外側は新品同様の場合、平均して5分山だから使用可能じゃないか・・・?そう考えたくなるのはよく理解できます。片減りは通常よりも早く摩耗するので、使用し始めて間もないのにもう交換・・・さすがに痛いですよね・・・

でも、実際にはタイヤの周上一箇所でもスリップサインが出ていたら使用する事は出来ません。ですのでタイヤの摩耗は平均値では出しません。

でも使えるような気もする・・・危険ですのでやめましょう。タイヤのトレッド部は専用の配合ゴム(トレッドコンパウンドなどと呼ばれます)を使用され、グリップ等を確保しています。つまり、ブロックが摩耗した先は構造用のゴムになりますので、グリップなどは本来の物と違う事になります。

また、残り溝1.6mmを越えて100%摩耗の状態から、構造材であるスチールベルトまではせいぜい2mm程度の厚みになります。気が付いたらワイヤーが出ていた・・・と言うのはよく聞く話ですが、ワイヤー、つまりスチールベルトの下は骨格であるカーカスです。ベルト、カーカスが損傷する=バーストとなりますので、安全の為にもマメな点検、早めの交換をおすすめしております。

タイヤの経年劣化



タイヤはゴム製品です。ご存知のとおり、ゴムは年数が経つと硬化をしていきます。タイヤも同様に経年硬化、劣化します。これは溝深さにかかわりなく、経過時間によって変わります。つまり、溝が残っていても、年数の経ったタイヤは劣化、硬化していると言えます。ひび割れなど、外観から見る事ができる事もありますが、徐々に進んでいく物ですので、気付かないうちに進行していく物と考えた方が良いのかもしれません。

劣化、硬化は条件によって大きく変化します。タイヤが硬化する要因は熱、紫外線、オゾン、水分になります。車庫保管の車と、青空駐車で地面が土と言う条件では、大きく変わってしまいます。また、高速走行など、タイヤの発熱が大きい使用条件ですと、劣化は早くなると言えるようです。また、ゴムの柔軟性はゴム内の油分にもよりますので、油分が抜けると効果は激しいです。洗剤でタイヤを洗いすぎるのは良くないようです。

ただ、劣化、硬化はタイヤの場合、装着して慣らしが終わってから、つまり、製品として流通している期間等は別として、装着して走行する事による発熱によって、最終的に完成するようになっているそうですので、製造直後にこだわる必要は無いとメーカーからコメントされています。もちろん、程度問題でしょうが・・・

溝が残っていても、雨の日に滑るなど不安を感じるようなら、安全の為に早めの交換をおすすめしています。

パンク修理について

パンク修理でタイヤ交換が必要なケースが有ります。

1本のタイヤで、パンク修理が認められるのは2箇所までです。3箇所目のパンク修理は出来ませんので、3箇所目のパンクをした時点で交換が必要となります。また、補修個所が40cm以上離れている事も定められていますので、近接した個所の場合も交換が必要になります。

また、タイヤはパンク修理が可能な場所が決められています。左図のとおり、トレッド部のみになりますので、ショルダー、サイドウォールに関しては修理不可となりますので交換が必要となります。腹立たしいですが、いたずらでサイドウオールに穴をあけられてしまう事がありますが、同様に修理不可になります。

パンク修理が可能な穴は、直径で6mm以下となります。直径6mmよりも大きな穴、または6mm以上の長さの切れ目は修理不可となります。

上記はいずれもタイヤの骨格の強度が保てなくなる為で、走行上危険と言う事で修理不可となっています。また、修理可能な場合のパンク修理でも、本来の強度から低下する事は事実ですので、高負荷走行(連続した高速走行、荷物満載での走行など)には十分な注意が必要となります。

バースト・・・?



バーストしたと持ち込まれるタイヤの多くは、本来のバーストでは無い事が多いようです。

左図のような状態を一般的に「バースト」と呼びますが、このタイヤの状態の原因はバーストではありません。何らかの原因で空気圧が低下したか、自然に空気圧が低下した状態で高負荷走行をした事が原因で、タイヤのサイドウォールが極度の屈曲により内部構造が剥がれて破壊された状態になります。

最近のタイヤは基本的にチューブレスタイヤですので、異物が刺さっても急激に空気圧が低下する事がありません。少しずつ漏れて、少しずつ空気圧が低下する為、パンクした事に気付かないまま走行してしまう事が多いようです。特に、ロープロファイルタイヤは判断しにくいようです。

左下図のように荷重が同じなら空気圧の低下によってタイヤのたわみ量は大きくなります。また、空気圧が同じなら荷重によってたわみ量は大きくなります。たわみ量が大きくなりますと、走行時にサイドウォールの屈曲が激しくなり、内部構造が剥がれ破壊される事でタイヤはバラバラになってしまいます。

「少し加速が鈍いな〜〜」「少しハンドルが取られるな〜〜」「少し振動するな〜〜」程度に違和感は感じているようで、タイヤがホイールから外れて急激に走行安定性が悪くなり気が付くというケースが多いようです。おかしいなと思ったら、いつもと違うと思ったら、とりあえず空気圧の点検だけでもしてみると良いですね。もちろん、定期的に空気圧調整をする事で、低空気圧でのタイヤの破損を未然に予防する事ができます。

また、パンクした事に気付いても、近くだからと言う事でそのまま走行して持ち込まれる方もいらっしゃいます。気付いた時点でスペアタイヤに交換していれば修理可能だったかもしれませんが、走行によって左図のような状態になってしまうと、もちろんですが修理は不可能です。パンクしたと思ったら、スペアタイヤへの交換をしてから走行しましょう。

振動するようになった・・・

タイヤを使っていくうちに振動が出るようになる事があります。タイヤが摩耗する事で、ホイールバランスが崩れ、症状としての振動が出る事が有ります。これは、ホイールバランスを再調整する事で改善できます。

ホイールバランスではない振動が出てしまう事が有ります。タイヤは丸いですが、摩耗の状態が悪く、タイヤが多角形のような状態となる為に出る振動です。上記のホイールバランスと違い、重量のバランスではなく形状の問題ですのでホイールバランスでは修正が出来ません。

タイヤの異常な摩耗=偏摩耗は、アライメントの不良、空気圧の不適正、荷重オーバーなどが原因となりますが、偏摩耗による振動はタイヤを交換する事で改善されます。ただ、偏摩耗の原因を改善しないと、同じ症状が出る事になりますのでアライメントの調整などと合わせてタイヤ交換する事が必要になります。

タイヤが膨らんだ・・・

振動が出るので、おかしいなと思ってタイヤを見ると、たんこぶのように膨らんでいる・・・

これは、内部構造材が切れてきています。バーストの予兆とも言えますので早めの交換が必要になります。原因としてよくあるのは左下図のように縁石などに引っ掛けてしまった場合などに内部構造が切れて膨らんでしまいます。1輪の片側のサイドウオールに集中して荷重がかかる為、空気圧の状態、速度、当たる角度によっては大きな衝撃も無く切れてしまうようです。何かを踏まなければならない場合、できるだけ速度を落とす事と、荷重を分散させる為にブレーキングに気を付ける事、障害物に対して真っ直ぐ(直角に)進入する事で軽減できるようです。

他の要因として、タイヤの空気圧を高くしすぎると、何かを踏むなどした際に瞬間的な圧力に耐えられず内部構造材が切れて膨らんでしまう事があるようです。無意味な高空気圧はバーストの原因となる訳です。

残念ながら、タイヤが膨らんでしまった場合の修理、修正の方法はありませんので、交換する事になってしまいます。

タイヤに傷が付いた・・・



縁石などにこすってタイヤに傷が付いてしまった・・・

タイヤの傷は、内部構造材に達していなければ問題ありません。タイヤのヒビも同様です。傷、ヒビを広げてみて、構造材に達しているかどうかを確認する事で判断できます。

傷が構造材に達していた場合、残念ながら使用する事が出来ません。これも、構造材も傷ついている事が予想できる為、強度的に不安がある為です。また、表面に傷がついてしまったという事は水分などの進入を防止できないと言う事で、構造材を伝って内部に浸透し腐食させる原因となります。構造材の腐食は強度の低下となり、バーストの要因となってしまいます。

左上の画像は全体的なヒビに加え、縁石で擦った跡があります。この状態では構造材に達していませんが、ヒビはかなり進行しているので、タイヤの硬化は進んでいると予測できます。左下の画像は縁石などで引っ掛けてしまったようですが、表層だけではなく構造材に達し、構造材も切れてしまっています。残念ながら、交換するしかない状態です。

軽い傷なら心配ないですが、深い傷などは点検してもらった方が安心ですね。

せっかく買ったタイヤですから、出来るだけ長く使って頂きたいと思いますが、避けられない事態などでタイヤが傷んでしまう事もあります。また、気付かないうちに見にくい内側が片減りしている事も有ります。タイヤが傷む原因は、縁石などに当たると言った外的要因意外では空気圧が非常に重要となります。マメに空気圧をチェックする事で摩耗の状態など異常を未然に発見する事も出来ます。

タイヤ交換の出費も痛いですが、高速走行中のバーストなどですと自分の車だけでなく、体の心配も出てきます。安全に安心して使えるよう少し気を使ってみると良いですね。

クラフトではマメなエアチェックをおすすめしております。お気軽にお立ち寄りください。