1. ホーム
  2. 店舗案内
  3. アライメント調整とは

アライメント調整とは

クラフトではタイヤ交換と同時のアライメントの診断をおすすめしています。

車についているタイヤホイールはその車に合わせて微妙に角度がつけられていて、その角度がずれてしまっているとタイヤの片減りを起こしてしまったりグリップ力の低下や燃費の悪化が起こってしまう場合があります。
4輪の角度や位置関係を測定し、適正な状態に調整することをアライメント調整といいます。

まずは3Dアライメントクイック診断でアライメントのチェックを!

こんな症状には、アライメント調整がオススメ!

  • タイヤの内側や外側だけ早く減る。
  • フラフラしてまっすぐ走らない。
  • ブレーキング時に不安定になる。
  • ハンドルのセンターがずれている。
  • ハンドルが軽い、または重い。
  • ローダウンしたがアライメント調整をしていない。
  • かなりの走行距離になる。

ひとつでも当てはまったらアライメントのチェックを!

アライメント調整とは何もしなくてもズレてしまうタイヤの向きをベストにします。

不調の様子

知っておきたいアライメント用語

  • キャンバー

    タイヤの上側が外側に倒れているのがポジティブキャンバー、内側に倒れているのがネガティブキャンバーといいます。キャンバーの角度が大きすぎるとタイヤが偏摩耗する原因となるため適度な角度にとどめるようにしましょう。

    キャスター角の説明
  • キャスター

    サスペンションのストローク軸の垂直線からの角度をキャスター角といいます。角度が大きくなると直進性が増し曲がりにくくなります。左右の差が大きくなるとまっすぐ走らなくなったりします。

    キャスター角の説明
  • トー

    アライメントの基本はトー。タイヤの前方がトー。内側に向いているのがトーイン、外側に向いているのがトーアウトです。
    トーイン、トーアウトが大きすぎるとタイヤが常に滑っているような状態になり安定性の低下やタイヤの偏摩耗や燃費の悪化などが起こったりします。

    トーの説明

TOP

アライメント調整の流れ

クイック診断スタート

計測器をセット

アライメントクイック診断をご依頼いただいたお客様のお車をピットイン。
すぐさま手慣れたピットスタッフが、タイヤ・ホイールに測定専用の計測器(ターゲット)を装着!

非金属部分のみの接触で取り付けできるタイプでホイールが傷つきにくく、純正ホイールはもちろん、インチアップしたドレスアップホイールも安心です。

診断中

アライメントを診断中

PITに設置されたタワーに設置された高解像度カメラによって、正確にお車のアライメントの状態を測定します。
最速測定時間はなんと90秒!!

キャンバーやトーの測定結果により、お客様のお車のアライメントに異常がないかをチェック診断完了です。
この診断結果でお車の状態をお客様と共に確認し、異常箇所の説明や調整内容について打ち合わせさせて頂きます。
調整が必要な場合は、次のステップの調整作業に進みます。

もちろん異常が無ければこれで終了です。

異常が見つかったらアライメント調整を!

アライメント調整

アライメントを調整

クイック診断で異常がある場合は、アライメントの調整を行います。
調整箇所はお車によって異なりますが、基本調整可能箇所についてはすべてチェック調整致します。

経験豊富なスタッフが適正な状態にアライメント調整を行います。

試走

調整後の試走

調整後は実際に走行してチェック!
異常が無いか、ハンドルセンターのずれがないかなど慎重にチェックします。

試走後、微調整や最終チェックをして作業完了です。

測定結果のご説明

測定結果の説明

測定前と測定後のデータのご確認と、ご説明をさせていただきます。
測定結果もお持ち帰りいただけます。

快適なドライブをお楽しみください。

アライメントを適正に調整することで、安定した走行ができたり、タイヤの異常摩耗を防止したり、新しいタイヤホイールをベストな状態でお使いいただくことができます。
安心安全な走行のためにクラフトではアライメント調整をオススメしております。

アライメント調整実施店舗

3Dアライメントテスター設置店